上向きで寝れること

 上向きで寝れる身体



身体の不調を持っている方には、上向きで寝れない方が多い!

整体を受けていただく上でも、上向きで寝て頂くことができるほうが、いろんな検査や操法などの施術を実施しやすいわけではありますが、上向きで寝れない時点で、そもそも身体の快復力は弱くなっているでしょうし、十分に休めていないはずです。

特に、寝て起きた際に、身体がだるい、何か疲れている…と感じるのは、十分に身体が休めていない証拠です。もちろん、原因はたくさん考えられます。

呼吸が浅い、睡眠時間が短い、眠りが浅い、交感神経優位で休むためのスイッチが入っていない、寝る姿勢に問題がある、寝返りで目が覚める…など。

上向きで寝れないのは異常だと思ってもらったほうが良いです。

実際に、寝る時は横向きであったとしても、上向きで寝る姿勢をとれないのは、身体に歪みや問題があるからです。


*具体例(*注:この方は上向きでも痛みはないそうです。)

 

画像の説明 施術後⇒ aomu2

*写真はブログの記事から抜粋しております。詳しい内容はこちらから。

 

 

◇睡眠はとても大事!

 

ヒトそれぞれ寝る姿勢の習慣などはあるにしても、一番身体を快復させ、身体の調子を良くするのは十分な睡眠だと考えています。

その中でも、上向きでも寝ることができる身体!!は大切であり、身体に合ったマットレスや枕を選ぶのではなくて、

たとえ、どんなマットレスや枕であっても普通に寝れる身体を手に入れることが大切です。

そういう意味でも、高価な枕やマットレスに頼る必要のない整った身体が大切だということです。

睡眠時の寝返りや身体がピクピクと動く反応は、身体が自然に歪みを戻している作業です。だから、整体などを受けている最中にも身体がピクピクと反応します。

特に、赤ちゃんや子どもがよく動くのは、そういう力が強く、生命力がみなぎっているからですよ。

特別なマットレスや枕などが販売されるくらいですから、それくらい睡眠は重要ではありますが、マットレスや枕を購入することを一番の選択肢にしていただくことには、あまり同意できません…。他にやっていただくことはたくさんあるのではないかと思います。

なぜなら、日によって変化する身体の歪みや疲れに対して、万能に対応できるようなマットレスや枕は、そう簡単に見つからないように思うからです。


どうしても睡眠時間が短い方や、夜勤などもあって、生活のリズムが悪いヒトのほうが身体の不調を訴える方が多いようにも思います。

当院では、上向きで寝れる身体を手に入れることができるように、段階を追って施術をしていきます。横向きや座位でもできる施術から、少しずつ身体を解きほぐすような感覚で行っております。

また、整体を受けた後は、あまり積極的には動かずにその日はゆっくりとしたもらったほうが効果的ですし、栄養とおなじくらい大切な睡眠を十分にとっていただくことが必要だと思います。

 

極端な話、ぎっくり腰や首痛などでお困りの方には、座位での施術で終了することもあります。ひどい腰痛やひどい首の痛みをお持ちの場合は、寝たり、起きたりするのが辛いこともあるため、わざわざ痛い動作を何回もする必要はないからです。

特に、腰痛なんかであれば、ベッドに寝て、長い時間電気をあてたり、温めたりした後に、腰痛が悪化したり、起き上がれなかったりしたような経験をされた方もいらっしゃるんじゃないかと思いますので、そういうリスクを避けた方法を選択しています。

座っての施術だけでも、できることはたくさんありますので、ご安心ください。特に、ぎっくり腰の方には、そのような施術をこれまでにもたくさん経験してきました。

ぎっくり腰についての具体例は、こちらから。





『睡眠』や『寝る姿勢』、『不眠』に関することなど、

ご質問等あれば、

お気軽にご相談ください。



ご予約・お問い合わせ は津市の整体 なおえ健康院へ


TEL:059-271-7109

Eメール:naoekenkouin@seagreen.ocn.ne.jp

















a:1780 t:2 y:1