身体のスイッチ

 身体を良くするスイッチを入れること



ヒトのからだは、良い刺激にはとても良い意味合いでからだが反応します。

いろんな刺激感覚としての気づきから、身体を良くするためのスイッチが入るんだと思っています。

ケガや痛みなどの不調が起こった時に、身体自身は治るスイッチを入れようとしているのにもかかわらず、注射や薬の力に頼ってしまい、そのスイッチを身体の奥にしまってしまう…

こういうことは、身体には良くないことだと思います。

楽になれば、痛みがなくなれば何でも良い!

って思っていらっしゃる方のほうが多いとは思いますが、痛みそのものやそのお困りの症状を薬や注射でぶっ壊してしまうというのは良くない。自然に逆らっていることだと思います。

身体っていうのは、人生においてずっ~と一緒に歩むパートナーです。

一時的な楽を選ぶのではなく、長い目でみて考えて頂くこと、そして、一生お世話になるご自身のお身体であることも意識してもらえればとも思っております。人生やお身体には限りがありますよ。

健康で楽しい人生を歩むためのお手伝いをさせていただきます。

『こんなにも動くんだ!』『こんなに楽なんだ!』っていう『気づき』がスイッチの入るコツでもありますし、生活習慣や身体への意識などが大切なことなんだと思っております。

希望のハーブ

また、ヒトの身体は、とても不思議で奥深いものです。

基本的に、ヒトの『からだ』というものは、

治るようにできているはずなんですよ。

だから、あきらめずに希望を持っていただければと思います。

あたまは、こころですし、身体と心の関連も大切です。

具体的な考え方や、施術内容 についてはこちら をご覧ください。

症例紹介、お客様の声 などについてはこちら をご覧ください。

また、具体的に身体のスイッチが入ったと感じた実際のお話こちらをご覧ください。










a:1747 t:1 y:2