顎関節症


 作成中

 以下、ブログの症例から抜粋し、紹介させて頂いております。

 ブログ①

 昨日、頭痛、首の痛みで来院された30代女性の施術を紹介させていただきます。この方は放射線技師をされている人で、いわゆるレントゲンを撮るという病院関連のお仕事をしている方でした。

 何か久しぶりに病院での勤務を思い出しながら、レントゲンでは頚椎の何番がどうで、ストレートネックでとか、医療用語が久々に飛び交うようなお話をさせて頂きました(笑)。

 この方は、頭痛やひどい時には吐き気もあるという方で、3年前より歯の矯正をされており、以前よりも症状はマシになったけど、まだまだ頭痛もあり、首筋の痛みが強いとのこと。

 歯の矯正をされていたので、顎関節にも問題があるんですか?と聞くと、顎関節の治療で歯の矯正をしているとのことでした。口を開くと開ききるところで、少し離れた私に聞こえるくらいの音がポキっというか、ゴリっという具合に…(汗)。

 ひどい音がするんですが、口の開き方に関しては安定している様子ではありました。

 頭痛や吐き気は、頚椎の問題もあるとは思いますが、顎関節もだいぶ影響していると思うので、そちらの歪みも整えていくことにしました。
 
 実際には、手の親指の調整と骨盤の調整を中心におこないました。やっぱり、親指と顎関節の関連性は重要だと改めて感じた1日でした。

 実は、先日のママさんのお宅でも、親指をみていると、親指が凄く緩いというかズレがひどいママさんがいて、『顎関節に何か問題はないですか?』って聞いたところ、『なんで分かったんですか?』ってビックリされたというエピソードもあり、昨日も親指を中心に施術をしました。

 結果的には、自覚症状として5/10までの改善、私にまではそれほど音が聴こえない状況までにはなりましたが、まだまだ不十分ではありましたが。

 昨日の印象としては、親指を調整した後に、骨盤を調整した後で一番効果があったように思います。

 顎関節と親指。身体は不思議ですね~。


 ブログ②

 顎関節症、身体の歪みでお悩みのM様(30代 男性)。ホームページをご覧になって来て頂きました。以前から顎関節症、口の開きにくさでお悩みになっており、歯科でマウスピース等も処方されたこともあるそうです。

 現在の症状は、比較的に良くなっているそうですが、最大限に口を開くのが辛いとのこと。お顔のバランス、歪みはそれほどであったので、他に腕や足、骨盤も含めて検査をしていきました。

 すると前腕のねじれ、それに伴った親指のズレも認められました。

 そこで、親指を戻した状態に保持して、口を開いてもらうと、『開きやすい』とのことでした。

 腕のねじれと顎関節、腕のねじれと肩こりなど、身体の不思議、繋がりというんでしょうか。身体の不思議はいっぱいありますね。

 実際には、肩や骨盤の高さの違いなどもありましたが、前腕には、かなり独特なねじれを持った方ではありました(汗)。

 今回は、顎関節以外ばかりへの施術でしたが、『開口時のつっぱり感は軽減しました。』とのことで、からだへの変化があり一安心。

 お仕事でのパソコン作業以外に、小さい頃からピアノをされていたとか…。

 だから、独特な歪みだったのかもしれませんね。



 顎関節症、頭痛や吐き気』などに関することなど、

 ご質問等あれば、

 お気軽にご相談ください。


 
 ご予約・お問い合わせ は津市の整体 なおえ健康院へ


 TEL:059-271-7109
 
 Eメール:naoekenkouin@seagreen.ocn.ne.jp
 


 

 



 
a:2648 t:1 y:3