寝違えの症例紹介


 30代 男性


 寝違え、頸部痛 



  慢性的な頸部痛を持っている方で、朝起きたら疼痛が強かったとのこと。

  たぶん、寝違えたのではないかと言われていました。

  首をひねるのが痛いんですが、腰をひねった状態だと、

  首の痛みは軽減することを検査をしているところで発見しました。

  腰をひねると首の痛みは楽になるので、骨盤を整える。

  身体の土台である骨盤をもとに戻すことで、頸部痛は軽減しました。

  寝違えというと、首が変な姿勢のままで寝てしまったから

  という感覚、認識があるとは思います。
  
  それも理由のひとつですが、首が変な姿勢になるのは、

  土台の骨盤が歪んでいるのも大きな原因のひとつです。

  骨盤が歪んだまま寝ると、骨盤より上にある脊椎、

  つまり、腰部や頸部などはそれを戻す方向に位置するために、

  無理にまっすぐな姿勢で寝ることによりストレスがかかります。

  もしくは、歪んだままの位置で『からだ』を休めることになります。

  これにより、寝違えも起こるんだと思います。

  ですので、首だけに注目しても、大きな改善ははかれません。

  首が痛くて触れることができないときでも、

  当院では、その症状を良くするために、

  他の部位からアプローチしていていきます。
  



 30代 女性


 寝違え、頸部痛 


 寝違えで、寝返りも辛いとのことで来院されました。

 寝返りの際には、重たい頭を持ちあげる必要があるので、辛いとは思います…。

 この方には、手や肩の運動から、肩甲骨を介して体幹、特に肋骨の運動を実施しました。

 簡単に言えば、痛い首は固定したまま、土台である体幹をひねる運動です。

 土台が動くので、その際に首にも刺激が加わります。

 つまり、首は固定したまま、首の筋肉も動くので、

 痛みが軽減したり、筋がほぐれたりします。

 運動のつながり、違う場所からのアプローチは、

 痛みが強い箇所には効果的であると思います。

 また、美容師をされているこの方は、頻繁に肩こりにもなるそうですが、

 揉んだりはするがなかなか改善しないとのことでした。

 特に、美容師の方々は、カットなどで、親指を中心に指や前腕に硬さや

 歪みもあるため、そういった部分のケアも肩こり改善へのひとつだと思います。

 痛い部分を揉む、電気をあてるという時代は変わってくるんだと思います。

  女性 *ブログより抜粋


 寝違え、頸部痛 



 先週末に、寝違えで首が痛いとのことで来院された女性の方の紹介です。

 首の痛みがあるので、寝返りで頭を持ちあげるのも辛いということでした。

 首周囲の筋肉の硬さもあり、動かすのは辛いので、

 肩の運動から、肩甲骨、肋骨を含めた運動をして頂きました。

 簡単に言えば、土台である身体をひねってもらう運動です。

 首は固定したままですので、痛みはないのですが、

 土台の身体が動くので、首の筋肉も伸ばされたり、

 縮んだりもします。

 このような運動によって、自然と首の筋が緩み、
 
 寝返りができるようになりました。

 身体の運動や動作は、おもしろいように繋がっていると思います。

 つい先日、マッサージ店での骨折…などの記事も

 ネット上に上がってはいましたが…、

 痛い部分へのマッサージ、電気をあてるような方法、

 そういった考えは徐々に変わってきているようにも思います。

 そのような流れに遅れをとらないように、

 いろんな方法、いろんな視点で身体の痛み、身体の不思議を追究していきたいと思っています。

 ほんと、身体は不思議ですよ。





 寝違え』、『ぎっくり首』に関することなど、

 ご質問等あれば、

 お気軽にご相談ください。


 
 ご予約・お問い合わせ


 TEL:059-271-7109
 
 Eメール:naoekenkouin@seagreen.ocn.ne.jp

 


 




 

a:1669 t:1 y:0