咳や鼻水。 – 津市の整体 健康をもっと身近に… – 津市本町にある無痛でソフトな手技の整体院。 ☎:059-271-7109 水曜定休

投稿日: カテゴリー: 健康のこと 津市の整体

最近は、お客様からも咳が辛い、喉がおかしいということをよくお聞きします。

 急な冷え込みでの体調不良はもちろんあるでしょうが、その体調の変化について、今回は東洋医学的に考えてみました。

 にわか(笑)東洋医学の知識ですし、いろんな情報を発信している方々からの学びがほとんどですけど…。

 もし興味があれば、読んでやってください。

 以前にも書きましたが、秋という季節は、肺系が弱ると言われています。

 肺といえば、呼吸。

 肺は、気管支、喉、鼻と繋がっていますから、咳や鼻水という症状とは、関連があるんでしょう。

 そうすると、呼吸が浅くなったり、辛くなるので、今度は呼吸筋にも影響がでると思います。

 首の筋肉や胸の筋肉などなど。

 もちろん、クシャミや鼻をかんだりすることでも、余計に筋肉も疲労する。

 そうすると肩こりみたいな感覚にもなるし、いつもよりも肩が張ったようにも感じるでしょう。。。

 また、他にも、肺は皮膚との関連も大きい。

 肺が弱ることで、皮膚が乾燥したり、湿疹ができたり。

 肺も皮膚も、身体と外界とを繋ぐ臓器であり、隔てる臓器でもあり、とても重要な臓器です。

 これらが弱ると抵抗力も落ちる。皮膚も肺もです。

 そういう観点で身体を考えても良いと思いますよ。

 皮膚が乾燥してきたら、保湿クリーム。だけでなく、皮膚が弱ってるってことは、抵抗力の低下、肺機能の低下を表している可能性もあるということ。

 こういうことを知っていれば、皮膚の状態で、

 皮膚の調子がおかしいなぁって思ったら、それは風邪などを引きやすいというサイン。とも考えられます。

 だから、いつも以上に、栄養や睡眠をとる。

 うがいや手洗いをするなど。

 手洗いや除菌のやり過ぎも良くないそうですけど…。

 
 ただ、現代は、クーラーや暖房器具での温度調整、加湿器などの電化製品のおかげで、ある程度、室温は一定に保たれた状態で生活しています。

 だから、温度や湿度の変化に対して、身体が弱くなっているのは間違いありません。そのため、肺そのものや皮膚の抵抗力が、そもそも落ちているわけです。

 便利と豊か。のバランスは難しいですね。

 

 あっ、あと、肺機能の向上には寒風摩擦が良いらしい。ですよ(笑)。

 昔から言われている、続いている東洋医学、寒風摩擦…には学ぶこともたくさんある。







a:836 t:2 y:2

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です