こういう時期だからこそ。。。

 

本日、数少ない当院のブログ購読者(笑)の一人である友人から、自粛大変やったね。とか家族などみんなは元気?近況はどうですか?みたいな連絡をいただく機会がありました。

そのやりとりの中で、友人I君(笑)の膝の痛みについても相談されたので、それについても書いてみよう。かなと思いましたので、ひとつの例として、膝痛に関して書かせていただこうかと思います。

少し長くなりますので、お時間がある方はぜひ読んでください。

この友人は、県外の方であるため、実際に見ていないので何とも言えないところはありますし、似たような症状だったとしても、効果はないかもしれませんのでご了承ください。

ただ、こういう時期ではございますので、なかなか来院を躊躇する方もいらっしゃるとは思いますので、今のお困りの症状、気になることなど、自分でセルフでできることなどのアドバイス的なことをお知りになりたい方は、お気軽にメール、短時間であれば、電話でも受け付けますので、よろしくお願いいたします。

 

もちろん、無料です(笑)。その分、お返事のお時間に余裕をいただければと思います。

メールなどお問い合わせは、 ➤➤ こちら

 

https://naoe-kenkouin.com/地図/ご予約方法/ご予約自動フォーム/


当院もこういう時期ではございますので、比較的に時間に余裕がありますので、ブログなどを通じて、少しは発信させていただこうかとは思いますし、お返事をさせていただきます。

ただ、どうしても、個人的には一度見てみないと、、わからない部分などがあり、あまりセルフケアの内容などの記事は積極的には書かない方針ではございましたが、、今回は、友人のおかげもあり(笑)、少し書かせていただこうかとも思っております。ありがとう、I君(笑)。

前置きがかなり長くなりましたので、2回に分ける可能性もありますが、(笑)

お付き合いよろしくお願いいたします。

この男性の友人の症状としては、20年近く前に後十字靭帯損傷の後遺症があり、同じ足だったかどうかは確認不足ですが、、同じ学生時代の頃に大腿四頭筋の肉離れの後遺症もございます。もし、逆足だった場合でも、原因のひとつになりうるので、未確認情報ですが書きました。

 

こういった後遺症や既往歴、手術歴などある方もいらっしゃるとは思いますので、そういう情報もとても大切になると個人的には思います。

ですので、逆に言えば、、整体院さんなどを選ばれるうえで、後遺症などをあまり聞かれないような方針のところは、どうなのかなぁ、、って個人的には思っています…。

 

当院は凄く細かくまでは聞いてはないほうにも思いますが、もちろん整体院さんのスタイルや方針にもよりますが、例えば、筋膜系のアプローチの先生方などは、当院よりももっと細かく聞く先生もいらっしゃるように思います。いろんな原因で、筋膜や関節など、後遺症として影響が出るというのはよく耳にする話です。内科系の手術でお腹を切っているとかそういうことも含めてですし、例えば、当院でそうですが、腰痛や肩痛であっても、足首の捻挫の回数や時期、下痢や便秘などの内臓系の症状なども含めて聞きますし、女性の方には、ご出産のご経験や帝王切開の有無などもお聞きします。

 

すいません、、長くなりますね。。。意外にマジメな性格なところもあるので…(笑)。

 

さて、I君の膝痛ですが、簡単に症状や聞いたことを書きます。

ハーフマラソン出場のため、ランニングを始めて1か月くらいで膝痛が発症。

距離など細かくまでは書きませんが、、週2回くらいのペースでやっていたところ、練習後に痛みを感じるようになったそうです。こういう方は、当院にもよくいらっしゃるように思います。

なかなかマラソンなどの距離に近いランニングを日常ではしないとは思いますので、どうしても負担はかかりますし、少なからずリスクはあるとは思います。

でも、健康のためにはいいことだと思いますし、素晴らしい活動だと思います。こういう時期は特に、続けたい活動のひとつではないでしょうか。

 

彼の話によると、膝裏などのケアはしてたけど、徐々に痛みが悪化し、練習後などに、足が伸ばせなくて、曲がった状態で固まっている?ような症状になってしまったそうです。現在は、痛みと相談しながらゆっくりとしたペースで少しの距離しか走れていないそうです。

この固まっている状態の場合、いわゆる膝がロックするという半月板損傷も疑いにはなります。ただ、その場合、水が溜まったりもするので、それを聞いたうえで、実際に見てみたいとは思ってしまうのも正直なところではあります。

そういう疑いが強い場合、ご希望があれば、病院さんへの受診も提案する場合もございます。

I君は、すでに病院受診もしています。

 

でも、彼曰く、膝が固まったような症状は、1,2時間はその状態が続くけど、時間が経過すれば痛みもなく普通に過ごせる状態に戻るそうです。

 

〇 個人的には、ここが重要です。

 

時間がたてば、元に戻るという症状です。

 

ということは、元に戻るはず。ってことです。

 

今は満足には練習できていないですが、元に戻る力や自然治癒力が比較的にしっかりありますし、常時痛い状態までは悪化していない状態ということです。

ですので、普段通りに過ごせたり、痛くない状態が大半である症状は、基本的に改善すると思っています。

 

もちろん、それが全員そうならないから日々、困ってはいるんですが、理論的にはそう思っていますので、そういう場合、整体さんなどでお力になれることは多いはずです。

 

ですので、彼にとっては、練習できないことは苦痛ではありますので、満足に練習もできて痛みもないというのが、ベスト!だと思います。

もし来院していただくのであれば、そこがゴールになるはずですし、なおかつ、タイムがよくなれば、来てくださった付加価値にもなるとは思います。

これが、『その先』を考えた整体院。と書かかせていただいている当院のコンセプトでございます。

 

その考えは、、 ➤➤ こちら

 

当院にお越しのお客様でも、夕方になると痛くなるけど、例えば、朝には大丈夫とか、逆に朝が辛くて、昼くらいから気にならなくなるという方もいらっしゃいます。

 

いろんな方に見てもらうことを意識すると余計な事というか、長くなってきてしまいましたので、今回は、これくらいにしようか?(笑)と思いますが、、

 

個人的には、大事なポイントとして、痛みがあっても時間がたてば元に戻る、休めば、普段通りに過ごせる場合、元に戻るはすです。改善する可能性は高いということです。*個人的な見解になります

 

あとは、いろんな要素、私の技術不足も場合もありますし、どうしても、仕事や生活環境なども影響してきます。

もしかすると、I君の場合であれば、期間を空けて休んだとしても、同じような症状になる可能性は大いにあります。特に、運動時の痛みの場合、休んだらOK!ということでもない場合は多いです。

 

I君の仕事内容までは書きませんが、仕事や日常生活での癖や運動後のケア不足や機能的な弊害もあるかもしれません。

ただ、元に戻ることは、とてもプラスの要素です。

 

また、彼の場合、病院でのレントゲン、靭帯などはしっかりしているとのお話ではあるので、なおさらプラス要素は多いです。

 

では、どうすべきか。。それは次回にしましょうか。。I君、ごめんなさい。(笑)

 

ただ、当院の膝痛のページなどにも書いた覚えがありますが、膝の場合、膝に問題があることは少ないことも多く、足の間の関節ですので、足首やふくらはぎ、股関節などの影響で痛みを起こしてしまっている可能性は高いと思います。もし、膝が壊れてしまっていたら、常時、痛くなってしまうことが多いからです。

 

膝痛のページ、は、 ➤➤ こちら

 

ですので、次回、股関節や足裏、ふくらはぎなどのケアについて考えて書かせていただこうかと思っています。

 

それでは、かなり長くなってしまいましたが、最後までお付き合いありがとうございました。

できれば、明日、更新させていただきますので、興味がある方はぜひ。

もし、明日、更新できなければ、、、日曜日は少しご予約が多いので、週明けになってしまうかもしれません。。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。