五十肩

  五十肩について


 その肩の痛みは本当に原因不明?

 実際に肩が痛いのに、大きな異常はなしとのことは多いとは思います。

 肩の痛みを訴えて、整形外科などの病院に行くと、まずレントゲン検査をしてくれます。レントゲン検査では骨の状態、たとえば骨折や石灰沈着性の有無、変形や骨粗鬆症(骨密度の検査も含む)などの診断ができます。

 これらについては非常に有効な検査法です。

 レントゲンでしか、分からない病因もあるので。

 しかし、肩の痛みの原因はそれだけではありません。

 骨盤の歪みや手や肘の問題でも肩痛は起こります。また、筋肉や靱帯や腱などいわゆる軟部組織といわれるものは、レントゲンではよくわかりません。

 MRI検査を行うことも必要かもしれません。

 病院でははっきりした原因が分からないといわゆる『五十肩ですね』と言われてしまいます。

 五十肩は病名ではなく、症状を表わす言葉です。

 はっきりした原因が分からない痛みがあり、関節の可動域(動く範囲)に制限がある症状が、50代の人に多いということでついた症状名です。40代の場合は四十肩とも言います。

 現実には40代~50代以外の方でもなり、20代でも拘縮(動く範囲が狭くなり、硬くなる)してしまうこともあります。

 したがって病院では原因不明ですから、痛み止めの注射、薬、湿布、電気治療、棒体操などの処置を施します。早めに改善したいのであれば、肩関節の状態をきちんと把握し、他にも骨盤や肘などにも問題がないかもみてみるべきだとは思います。

 今の『からだ』の状態に応じた施術を受けなければいけません。

 注射や薬に頼るのではなく、

 ご自分の自然治癒力で良くしていきましょう!!

 五十肩の方の実際の施術のお話を載せておきます。

 よければ参考にしてください。


 五十肩 50代女性 S様

 *ブログより抜粋

 先日、ご家族のご紹介で鈴鹿からお越しのS様のお話。

 いわゆる五十肩

 いまいち原因や症状などがわかっていない肩の痛みの代表例みたいな位置づけのことです。

 この方の場合も、特に大きな原因というと、無理に物をとろうとした時にグキッとなったことがあったとはおっしゃられていました。

 グキッとなってすぐではなく、痛みが徐々に強くなってきたとのこと。お医者さんとはそれが原因ではないかとのお話。

 凄い痛みが強い時期を経て、今は全然動かない状態。

 痛みは落ち着いてきているが、固いし、上向きでは寝られない…。横向きでもよく目が覚めるとのこと。

 それは辛い…。

 ゆっくり寝れないことは、本当に辛いことだと思います。

 S様は肩が90度も上がっていない状態。

 後ろにも手が回せない。エプロンのヒモも楽には結べない。

 これまでに、病院勤務時に何百人もの五十肩の施術をしてきました。

 このケースは一回で肩がすんなり上がる…ってことは無理だとは思うので、まずは上向きで寝れること、少しでも後に手が回ることを目的に施術。

 特に、この方の場合、肩の関節部分がかなり固い。

 肩自体にはそれほど触らずに肩甲骨から腕への施術、あとは体幹のネジレをほどいていくようなイメージ。

 痛くなってかばって硬くなった体幹や腕はそれなりにその場で改善します。

 施術の後半からは上向きで寝れるようになり、後に手も回しやすくなりました。

 『えっ~、上向きで寝れる~。』って

  喜んで帰っていただけました。

 でも、肩を上げるのはやっとこさ90度越えたくらい…。まだまだ大変そうですが、寝るのが楽になれば、もっと良くなるスピードは変わると思います。

 やっぱり、五十肩は大変ですね…。












a:1587 t:3 y:2