肘の痛み

 肘の痛みについての症例紹介



*以前のブログより抜粋しております。

 

●40代 女性 テニス肘



本日、初めて来て頂いた40代女性のお話です。

2か月前くらいにテレビを持ち上げた際に肘を痛めたそうで、それから痛みが引かないので近くの整形に行かれてテニス肘と診断をされたそうです。

一般的に、肘の外側の痛みは、テニス肘と言われたりすることが多いのでないかと思います。

今日来て頂いたこの女性の方は、肘が痛くて伸ばせないし、物をもったりするのも辛かったそうです。特に、最近になって肘だけでなく、前腕のほうまで痛みが強くなってきたため、当院にお越しになられたそうです。

テニス肘でもいろいろあるとは思いますが、この方の場合は体幹部分、腰から背中にかけての捻じれがひどかったので、ここが原因ではないかな?と思いながら施術を始めました。

骨盤の捻じれの調整と、肋骨を含めた胸部から腰部の動きを改善したところ肘はほぼ伸びるようになりました。

肘の痛みも最初とくらべて、2/10まで改善。

『久しぶりにこんなに伸びたぁ~。』って喜んで頂けました。

身体の繋がり、全身の調整は大切ですね。

身体は不思議

慢性化している場合は、特にそうなんですが、痛みのある部分よりも他の部分が大切だと思いますよ。

腰痛で腰だけの治療や電気、肩痛で肩だけの治療や電気であまり症状が変わらない方はぜひ一度お越しください。

まだ、良くなる可能性は残されていると思いますよ。

痛みは結果なんだと思います。

結果を作った原因を変えてやることが大事ですよ。

この方の場合は、痛くなってからだいぶ時間も経過していましたので、何とも言えませんが、痛くなって変な腕の使い方をして腰を歪めてしまったのか?もしかしたら、テレビを運んだ時に、腰を捻ってしまったのかもしれませんね。

●50代 女性 肘の痛み



ホームページをみて来院してくださった50代女性、肘の痛み

いろんなストレスもあり、最近まで仰向けでは寝れなかったそうで、自律神経症のお薬も飲まれているとのこと。肩の挙がりも悪く、肩こりがひどい症状の方でした。

今日が3回目の来院で、最近は、肩もだいぶ挙がるようになってきていましたが、今日は『昨日、買い物でたくさん荷物をもったせいか、左肘が痛い…』とのこと。

肘を伸ばすと鋭い痛み、しびれはないとのこと。

『整形に行ったほうが良いですか?』

『ひどい腫れもないし、しっかり動くので、少し施術してみましょう!』と私。

肘の歪み、手首の可動域を調整しました。

『あれ、痛くないですね。あれ?』

仕上げに、ストレッチポールでの操体で、左手を動かしやすいほうに少し運動をしてもらいました。

『整形に行かなくてすみそうですね。』と私。

ちょっと、不思議そうな顔をされてましたが、

『はい…そうですね。行かなくてよさそうです…。』

この方の場合、最近、娘さんが帰ってこられているそうで、いつも以上にたくさ~ん、買い物をして、重い荷物を持ったそうです。

『あんなにいつも買い物たくさんしやへんから~笑』

って、笑顔で帰って頂けました。

 

無理をするのは、健康には良くない…。たしかに。

でも、無理できるくらい健康な身体を手に入れたいですよね。

健康にはその先がある…。

 

肘の痛み』に関すること、テニス肘など、

ご質問等あれば、

お気軽にご相談ください。



ご予約・お問い合わせ は津市の整体 なおえ健康院へ


TEL:059-271-7109

Eメール:naoekenkouin@seagreen.ocn.ne.jp

 

 










a:1400 t:2 y:1