赤ちゃんの動き、発達運動学 – 津市の整体 健康をもっと身近に… – 津市本町にある無痛でソフトな手技の整体院。 ☎:059-271-7109 水曜定休

投稿日: カテゴリー: 健康のこと 津市の整体

昨日は、場外編みたいなお話…(汗)で終了した赤ちゃんの動き。

 本題編です。

 今日の施術も書けること盛りだくさんな1日ではございましたが、ちゃんと書くことにしました(笑)。

 赤ちゃんの動きとは言っても、特に発達運動学的なお話になります。

 世の中には、いろんな施術法、アプローチ、○○式など、たくさんの手技、考えがあるとは思いますが、

 そういった名前で紹介するのであれば、DNSアプローチのことになる。

 実際には、講習会で学んだことはないですけど…、以前から興味があるアプローチ法のひとつです。

 身体をそういう観点で考えることは、いろんなヒントにもなると思っています。

 私自身、詳しくは分からないですし、紹介程度のお話(笑)。

 今回は、ちょっとプロ向けのお話だと思います。

 そもそも、DNSアプローチ??ってなるかもしれませんが、他にはボイタ法とかヤンダアプローチも。

 最近では、室伏選手や錦織選手などで有名になったのでないでしょうか??

 世間には、赤ちゃん体操とか赤ちゃん運動とかで紹介されているかも。

 そういうトレーニングの世界でも取り入れらていることでもあります。

 

 

 一般的には、赤ちゃんが発達をしていく上で、その発達の段階などを考慮した考え方であり、運動療法のシステム。

 これを子供だけでなく、いろんな方々に応用していくということです。

 これが、また体幹やいろんな部位に対して、運動や動きの基礎作りとなると私自身は思っています。


 寝返りや四つ這い、ハイハイなどなど。

 運動ではなく、施術の型や方法が、これに近い姿勢をとることもあるし、いろんな場面で共通しているようにも思います。


 実際に、当院にお越しいただいているお客様にも、赤ちゃんの発達段階を考慮して、運動を指導させて頂くこともあります。

 具体的には、


 肩の術後の人に寝返り運動


 5歳児の子に、もう一度ハイハイ運動から始める。寝返り運動での動きを検査する。


 野球のパフォーマンス向上のために、寝返り運動

 腰痛の方に、腹式呼吸、横隔膜の運動などなど。

 

 ただ、スポーツだけでなく、いろんな方々にとって、

 自分の体重程度で実施する基礎となる運動は、とても大切。

 いろんな生活習慣、または、発達のある段階をすっ飛ばすことにより、それが将来的に障害を引き起こすなんてこともありえますよ。

 だから、もう一度、発達段階に戻って考えると、それがとても良い結果を生み出すこともあるってわけです。

 
 昨日、来てもらった2人のお子さんもそうですが、友人の子供など、最近は、赤ちゃんの動きを見させてもらいながら、いろんなことを考えている私です…。

 子どもの発達や学習は、本当に凄いですね!!

 


画像の説明
 


 余談ですが、昨日のお休みは、シーズンを終えた野球の道具の手入れをしました。

 最後なんで、いつもの倍くらい。

 道具は、大事にしないと。

 身体と一緒。。。で、

 日々のメンテナンスが大切です。

 そして、道具に感謝。

 身体にも感謝。

 身体、いたわってあげてくださいね。

 これも、とても大事なこと。って思いお店をさせて頂いてます。
 

 

 早朝野球ができない、季節になりました…。

 








a:1358 t:2 y:2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です