頑張り過ぎてませんか?。。ちょっと一息。

さて、年が明けてから1ヶ月が過ぎようとしています。

個人的にはダラダラとし過ぎた昨年ではございますので、

私自身はもっと頑張らなきゃいけない年と考えております。。(笑)

ただ、やっぱりお店に来て頂くお客様に対して想う印象は、

少し頑張り過ぎている方が多いなぁって印象です。

先ほども書かせてもらったように私自身はもっと頑張る必要性は確実にあるので、、どの立場で言っているんだ。。という話ではあるんですけど、読み流しつつご興味あればどうぞ。。

個人的にはもう10年くらい前から、今の時代はスピード感とかが早いし、便利は有難いんだけど、、ほとんどの便利が全てにおいて豊かなのかどうかは疑わしい。。など、他にもいろいろとありますが、

書き出すと止まらなそうなので止めておきます。。(笑)

ただ、特に今年に限っては新年早々、いろいろと大変とは思いますが、、

皆さんそれぞれが時間に追われている印象だし、、基本は忙しい・慌ただしい生活という印象。

時代のせいもあるし、ネット社会などの環境のせいでもあると個人的には感じています。

私自身も多少なりとも環境は変わっておりますので時間に追われる感じをもっているのも事実だし、私は余計なこと。。?さして重要ではないことに時間を使ってしまっている感覚もあります。

そんな流れ・時代という私個人の感覚をもっている中で、整体を通じて触れたのが操体法という概念でした。

そのおかげもあり、この整体院で操体法という概念は私の大きな軸となってやらせて頂いておりまして、個人的には今の時代や流れにあっているし、助けにもなりうる概念かなぁ~って勝手に想いっております。

ご興味のある方は、ぜひ操体法という概念にも触れてみてください。

詳しくは、このHP内でも紹介しています。

(*ホントはもっと書き足したい・・中途半端なページです。すいません汗)

➤➤➤ よければどうぞ(操体法)➤➤➤

また、少しずつにはなるかと思いますが、このブログページかHP内などにも改めて少しずつ書いていくつもりです。。今年こそは。。

そんなわけで、今年の『なおえ健康院』のテーマは

操体法という概念を根本、軸とさせていただきながら、

➀ 脱力

② 健康をもっと身近に…

みたいなイメージで思っています。

➀の脱力に関しては、いろいろとありますけど、例えば、頑張り過ぎない、ある意味では『いなす』力と表現しても良いのかもしれませんけど。

頑張って立ち向かい過ぎずに、いなしていくことも必要かと思うし、

もちろん、そのままの意味で脱力を味合うことができるような整体院であり、空間をご提供できればと考えています。

少し脱力とは違うかもですが、操体法で言う60点で十分、間に合えばいいんだ精神なども考え方?思考?の脱力という意味でも個人的にはおススメです。

②の健康をもっと身近に…に関しては、開業当初に考えた言葉?キャッチコピー?でお店の窓にも書いてある内容です(笑)

実は、開業後数年後にはちょっと抽象的?というか、ダサい?というか…

後悔した日があったのも事実(笑)。そんな経緯もありながら…

改めて、健康を身近に…でいいんじゃないかと最近になって思い直し今年のテーマにしてみました。

では身近にって意味で言えば、健康にかかわる四つ営み。をまずご紹介。

操体法で書かれている、息、食、動、想、この4つは健康の基本であり、それに加えて環境との絡みってのは、健康をもっと身近に感じる手段?、概念の一つであると考えております。

こんなお話、概念にご興味のある方は、ぜひ一度ご連絡、ご利用くださればと思いブログを通じこんなテーマをご紹介させていただきましたので、ぜひご検討・ご相談くださればと思います。

どうしても、長くなって簡潔には書けませんが、最後までお読みいただきありがとうございました。

頑張るべき人間である私には、、ちょっと一息する必要性はないかもしれませんけど、、

最後に、先日2回目のお邪魔をさせていただいた時にやっと写真を取れたので、

津市の朝日屋さん近くにある『HIDAMARIYA』カフェさんのご紹介だけさせていただきます。

たまには、一息もね、、

珍しい?ブラックラテ ラテの模様?も初体験♪(笑)

ハートのクッキー、1個減ってる。。

オッサン2人で、不慣れなお洒落なカフェへ。。(笑)

とても楽しい脱力タイムでございました。

こういうことも脱力の1種であり、大事ですよね。

そして、私の場合はもっと身体的な意味での脱力になるかとも思いますが、

そんな感覚も含めこの整体院で脱力感を味わっていただけるようにまだまだ勉強中・進化中ではございますが、今年も宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。